参加者さんの声と塾長プロフィール

参加者さんの声

3

T・Kさん(写真左)

ゴルフのハンデがシングル入り

これから齢を重ねても長く体を動かせるようにと、夫婦で気功のレッスンに通い始めて4年目になります。

毎回のレッスンで教えて頂く気功の動きや瞑想などを通して、自分自身の体、そして心と対話をする事を教えて頂き、いかに今まで自分自身に無頓着であったのかと気づきました。

奥野先生の温かく穏やかなお人柄もあり、毎回のレッスン後には心身共にリラックスし、豊かな気持ちになります。

趣味のゴルフにも相通ずる要素が予想外に多くあり、ハンデキャップもシングル入りをしました!


A・Kさん(写真左)

家でもセルフケアして、健康を維持しています

一日中パソコンを使っている仕事なので、肩こりや腰痛で悩んでいました。体の疲れや、目の疲れもたまり、ストレスに押しつぶされそうな時も。スポーツジムに時々通ってはいたのですが、運動すれば肩や腰の痛みもやわらぎ、疲れも取れてストレス発散にもなるのですが、翌日にはすぐに戻ってしまうんですよね。

そんな時、時間をかけてしっかり教えてくれる整体院は他にないので興味を引きました。整体は優しい力で体のリンパを流すような整体で、痛みのある肩や腰もしっかりほぐしていただいたので、すぐに痛みが改善されました。セルフケアは気功を元にした運動で、これをやるだけでも体が柔らかくなり、疲れが取れるのを実感。さらにうれしい事に、施術が終わった後はお腹回りがスッキリ!整体や運動をするだけで体が細くなるんですね~。

普段、残業が多く忙しいので中々整体には通えませんが、教えていただいたセルフケアを家でもやる事で効果が持続している感じです。今は2週間に1回程度伺っていて、とっても体の調子がいい感じです。先生は笑顔の素敵な優しい先生で、気持ちも癒されます。


K・Mさん(写真右)

リラックス状態で運動パフォーマンスもアップ

今日はありがとうございました。運動で筋肉を鍛える(使う)ことをメインで毎日過ごしてきた私にとって、全身の緊張状態から体を解放して、ひとときの間脱力状態を作ることにより、体をリラックス状態、とても楽になりました。

これできっと運動のパフォーマンスも向上するのではないかなと思いました。

突然の連絡にも関わらず、ご丁寧に対応してくださり、本当にありがとうございました!


A・Jさん(写真右)

むくみもとれて足もほっそり

仕事柄、歩く事が非常に多く、足の疲れが慢性的に取れない状態がもう何年も続いていました。最近では膝とふくらはぎの痛みも伴い、仕事をするのも困難な状況に。普通のマッサージには週に1回通っていましたが足の痛みは取れる事がなく、これでは仕事が出来なくなってしまうと思い、知人の紹介でこちらの整体院を訪れました。

施術は普通のマッサージよりも優しい力で押したり、さすったりする程度で、とっても気持ちがよく、足の疲れが一気に吹っ飛びました。膝やふくらはぎの痛みも改善され、翌日から仕事をバリバリ出来るように。また今まで気にしたことはなかったのですが、帰りには足のむくみがなくなり、足が細くなったのが解りました。先生のお話によると、足にたまっていたリンパや水を流したので、「足も細くなりますよ」との事。とっても優しい先生で、本当に感謝しております。

 


塾長プロフィール

“健康寿奥野浩史命100歳”を応援する『気』アドバイザー

心とからだの『気』健康塾 気の精 主宰

奥野浩史(おくのひろし)

 

年間400回超、延べ3,700人に及ぶ気功・ヨガ・太極拳のレッスンと、酵素ファスティング講座を通して、“誰でも健康寿命100歳”で人生を謳歌できるための支援をライフワークに活動している。体の不調に長年悩む虚弱な方や、女性の多いヨガレッスンは敬遠しがちな男性にもファンが多い。

酵素ファスティングアドバイザー(一般社団法人酵素ファスティング研究委員会)

食学検定合格 (IFCA国際食学協会)

NPO法人心とからだの研究会 認定講師

ホリスティックヘルススクールじゆう工房 指導員

※「心とからだの『気』の健康塾 気の精」は、「NPO法人心とからだの研究会」の認定団体です。


1961年東京生まれ。「まちづくりコンサルタント」としてのサラリーマン人生から一転、「整体」そして「気功」をはじめとした身体技法や精神文化を身につけ、「気功整体師」として2008年、「気の精」を創業する。西洋医学、東洋医学、エネルギー医学、また、高齢者グループホームでの介護経験や天性の癒しキャラを武器に、「今まで受けた中で一番気持ちいい」整体、「岩盤浴に入ったように気持ちいい」レッスンとの評価をいただく。

そんな中、高齢者を対象としたいつもの気功レッスンで、「奥野先生のレッスンを受けた後、腰が痛くなる」との声を耳にする。それまで一度もレッスンを休んだことのない熱心な参加者さんの声だっただけに、その一言は奥野のプライドを木っ端みじんに打ちのめす。

しかしこの声を契機として、一人一人の体の状態、そして心、精神の在り様にまで目を配った体の使い方を研究し、「一人ひとり、“今日の自分”に最適な健康法」を指導する。世間一般の気功、ヨガなどのレッスンの参加者は圧倒的に女性が多いが、奥野のレッスンには、「体が固い」と嘆いている男性参加者も多い。

また、まちづくりコンサルタント時代に培われた言葉力、文章力に加え、さまざまな身体技法、精神文化を通じて身につけた独自の感性を生かし、自身のブログや、NPO法人心とからだの研究会の機関紙の記事、コラムにはファンも多い。

「雲の上の偉い先生」ではなく、「私たちの半歩先行く水先案内人」として、一人ひとり“健康寿命100歳”の人生を謳歌できる支援を続けている。


☆お問い合わせ・ご予約はこちらから☆